MENU

ノンケミBBの基本的な使い方について

ノンケミBBの使い方はとても簡単です。通常の下地やファンデーションとしても活用することができるため、使い方のポイントをチェックし、さらにノンケミBBを有効活用していきましょう。

 

セパルフェのノンケミBBの使い方

基本的な使い方として、まずはスキンケアを済ませましょう。化粧水を顔全体に染み込ませます。ここでは手や、コットンを使うと良いですね。

 

次に、BBクリームを手の甲などに出したら少量ずつ額、頬、鼻、顎においていきましょう。あとはそれを周りに広げるようなイメージで少しずつ指で伸ばしていきます。

 

このままだと境目などがはっきりわかれてしまうことも多いので、指で伸ばした後にパフで軽く叩くようにしてさらに伸ばしていくと良いでしょう。最後にパウダーをつけて完成です。

 

ノンケミBBの魅力として、下地が必要ないということが挙げられます。

 

そもそもBBクリームとはなにかというと、これは日焼け止め・化粧下地・ファンデーションの機能が1つになったもののことです。そのため、これに加えてファンデーションまで使う必要はないのですが、下地として使う方も多いため、このあたりは好みで検討してみると良いですね。

 

ノンケミBB 使い方のポイント

どうしてももったりした感じが出てしまうという方は、使う量が多すぎるのかもしれません。少な過ぎるとムラになってしまうこともあるのですが、だからといって多すぎてしまうとメイク崩れにも繋がってしまいます。

 

どれくらいの量が必要になるかというのは人によって違うものの、基本的な量としてパール粒大を目安にすると良いでしょう。

 

それから、顔に乗せていく際に鼻に大量に乗せてしまうとBBクリームが余り、頬などにも伸ばしていかなければならない状態になってしまいます。鼻筋は少量でよく伸びてくれるのでつけすぎないようにしましょう。

 

顔に伸ばしていく際には顔の中心部から外側に向かって伸ばすというのがポイントです。1本の指で伸ばすよりも中指と人差し指、または中指と薬指を使って肌の表面を滑らせるようにしてなじませていくと良いですね。

 

顎も同じく、唇の方から顎側に向かって伸ばしていきます。特に顎は首との境目がはっきりわかれてしまうこともあるので、首元までしっかり伸ばしましょう。

 

また、まぶたにもたっぷり塗ってしまうと化粧崩れしやすくなります。まぶたや小鼻の横、口角部分などはよく動くということもあり、たくさん塗ってしまうとヨレの原因にもなるので気をつけましょう。

 

最後にスポンジを使うのには過剰な油分を抑えるといった働きもあります。指で伸ばして終わりにしている方もいるようですが、肌全体になじませるためにもスポンジを使いましょう。

海外旅行が当たる!? お得なセットはこちらで購入できます

セパルフェノンケミBB

>>今すぐ公式HPをチェック!<<