MENU

ノンケミBBに含まれている成分についてご紹介

ノンケミBBは、ノンケミカルのファンデーションです。ただ、ノンケミカルはなぜ肌に良い?と疑問に思っている方もいるかもしれませんね。そこで、ノンケミBBに含まれている成分や特徴についてご紹介しましょう。

 

ノンケミカルについて

そもそもノンケミカル処方とは何なのかというと、これは主に紫外線吸着剤と呼ばれる日焼け止め成分が使用されていない時に使われる表現です。

 

日焼け止め成分ならば配合されていた方が良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、日焼け止めには紫外線吸着剤と紫外線散乱剤という2つの種類があります。

 

このうち、紫外線吸収剤とは、肌の表面で紫外線を吸収して奥まで届かないようにするタイプの日焼け止めなのですが、紫外線を熱エネルギーに変換するという化学反応は肌への負担が大きいという特徴を持っているのです。

 

一方でノンケミBBに使われている紫外線散乱剤というタイプの日焼け止めは紫外線を反射したり、拡散することによって日焼けを食い止めます。こちらの方が肌に優しく、敏感肌の方でも使いやすいのが特徴です。

 

ただ、紫外線散乱剤を使ったものは紫外線吸収剤を使ったものに比べると肌なじみが悪く、乾燥しやすいというデメリットがありました。ノンケミBBはこういった弱点を克服し、肌なじみがよくなった商品です。

 

もちろん、しっかり日焼け止め効果も期待できます。ノンケミカルでありながらSPF50+・PA+++を実現しているため、日差しの強い日でも安心ですね。

 

また、紫外線吸収剤だけでなく、パラベン、合成香料、鉱物油、旧表示指定成分も含まれていません。

 

セパルフェのノンケミBBの成分

その他の成分についてですが、ヒアルロン酸やマカデミア種子油、ナツメ果実エキス、カンゾウ根エキス、オウゴン根エキスなどが含まれています。

 

ヒアルロン酸はトリプルヒアルロン酸という形でアセチルヒアルロン酸Na、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸Naという3種類が含まれているため、プルプル肌をつくりたいという方もノンケミBBを検討してみると良いでしょう。

 

ヒアルロン酸といえば、肌の保水・保湿に欠かせない成分です。加齢によって体内から少しずつ少なくなっていってしまうため、肌が乾燥しやすくなった、何となく弾力がなくなったと感じている方はヒアルロン酸が含まれている化粧品を取り入れていきましょう。

 

ノンケミBBであれば肌への負担を減らしてこういった魅力的な成分を取り入れることができます。

海外旅行が当たる!? お得なセットはこちらで購入できます

セパルフェノンケミBB

>>今すぐ公式HPをチェック!<<